ゴルフスイングアニメ

どのくらいの技術でコースに出るべきか?

では、一体どのくらいの技術をマスターすれば他のプレイヤーに迷惑をかけることなく、ラウンドできるのでしょうか。ゴルフ練習場の実際のコースの違いはなんといっても練習場はフラットな場所でいつもコンディションが最良の状態でボールを打っているので、傾斜があったり芝の状態がいろいろな実際のゴルフ場では、練習場と違う状況に戸惑いがちです。なので、最初はショートコースでのプレイをおすすめします。

 

初心者がまず最初に戸惑うのは、急がされるということです。これでたいていの初心者は若干のパニックになって練習場ではちゃんと打てたものが打てなくなってしまいます。しかも、走って息の切れた状態では、プロでも正確なショットはできません。ここのところをよく心得ておきましょう。

 

初心者のコースデビューの技術的レベル

では、初心者がコースデビューするにあたって、他のプレイヤーに迷惑のかからない程度の技術とは具体的にどの程度なのでしょうか。一般に言われているコースデビューの技術レベルを掲げておきます。

ドライバー

練習場で10球打って6球以上が前に飛ばすことができる。

 

アイアン

練習場で10球打って、8球以上を前に飛ばすことができることと、ある程度の距離が出せること。

 

ウェッジ

ウェッジで距離を決めて狙った距離を打つ練習をしていて、バンカーショットの練習もしていてある程度狙いどおり打てる。

 

パター

パターマットで練習していて3回連続してカップインすることができる。

 

以上、結構レベルが高いと思うかもしれませんが、この程度のレベルがないと、実際のコースでは練習場のようにフラットなグラウンドではなく、様々な条件があるので練習場よりも上手く打てません。あまりに技術がないうちにコースデビューをしてしまうと、周囲のプレイヤーに迷惑をかけるだけではなく、自分も楽しくないのであせらずコースデビューを楽しみにして練習しましょう。

 

 

コースデビューができる技術レベルに関連するページ

コースデビュー前日の準備
ゴルフを始めたばかりの人が初めてコースに出る、いわゆるコースデビューの前日に準備するものや心構えなどをレクチャーします。
ゴルフ初心者向けゴルフクラブセットランキング
ゴルフ初心者の方がゴルフクラブを個別に選ぶのは大変です。そんな初心者向けのクラブセットの人気ランキングです。

横浜ゴルフ練習場 ゴルフの楽しみ方 ゴルフ用具調達 ゴルフの知識 ゴルフ上達実技編 ゴルフ上達教材